福岡市南区の先進医療機関 おおた内科消化器科クリニック

福岡県福岡市南区高宮3-2-18エヌ高宮1-2階 電話:092-533-5123

胃内バルーン治療ダイエットとは?

内視鏡を用い、胃の中にシリコンで出来た風船(医療用バルーン)を挿入して胃の満腹感を促進し、
これによって食べられる量を少なくして減量する方法です。

誰でも治療が受けられるのか?

20歳以上で、日本肥満学会の基準で肥満3度(BMI:35)以上の高度肥満症の方に限られています。
BMIとは、体重(kg)÷身長2(m) であり、BMIが35の場合は、身長150cmで80kg、 160cmで90kgとかなり高度な肥満の方に限られます。

※肥満とはBMI(体重kg÷身長m÷身長m)≧25で、肥満は、糖尿病,高血圧,高脂血症,動脈硬化症などの生活習慣病や呼吸異常,腰痛,変形性膝関節症などをもたらします。
※実際、肥満とともに死亡率が増加します.(例えば米国女性では BMI ≧27 で全死亡率が 1.2-1.5 倍,心血管死が 2-4 倍 になると言われています)
※肥満のうち肥満によるこれらの合併症を持つもの、あるいは将来これらの合併症を来す可能性があるものを
肥満症と呼び、医療の対象 とされます。


【日本肥満学会による肥満の判断基準】
BMI 判定
< 18.5 低体重
18.5≦~<25 普通体重
25≦~<30 肥満(1度)
30≦~<35 肥満(2度)
35≦~<40 肥満(3度)
40 肥満(4度)

胃内バルーン治療ダイエットの実際

【治療フロー図】


シリコンバルーンは、6ヶ月以内(4~6ヶ月)に抜く事になっています、これまでに約7~20kgの減量が
出来たと報告されています。

しかしバルーンを抜去した後、約50%の方がリバウンドするようです、リバウンドを来さないためにも
食事運動療法をきちんと行う必要があります。


胃内バルーン治療ダイエットは保険適用外となります、詳しくはクリニックにお問合せ下さい。