福岡市南区の先進医療機関 おおた内科消化器科クリニック

福岡県福岡市南区高宮3-2-18エヌ高宮1-2階 電話:092-533-5123

FMD検査(血管内皮検査)とは?

FMDとはFlow Mediated Dilationの略で「血流依存性血管拡張反応」といい血管内皮機能評価の検査として近年注目されています。動脈硬化は血管内皮機能障害から引き起こされると言われており、FMD検査は動脈硬化が引き起こす様々な疾患に対する早期発見・早期治療に有用です。

FMD検査(血管内皮検査)の意義

脳梗塞や心筋梗塞、腎不全などになる前に、有効な予防策を行い、万人が健康を享受することが、これからの少子高齢化社会の日本にとり、悲願とも言いうる課題です。
近年、食生活や生活リズムなどの生活環境の大きな変化に伴い、その患者数の急激な増加で注目されている脂質異常症,糖尿病,高血圧などの生活習慣病は、動脈硬化と密接な関連にあり、サイレントキラーと呼ばれるように知らず知らずのうちに進行し、心筋梗塞、脳梗塞の原因ともなる恐ろしい病気です。
しかし早期の発見で予防のできる病気です。最近の研究で、動脈硬化は、血管壁の硬化に先立ち、血管内皮細胞の機能障害が潜行および先行するということがわかってきました。

この血管内皮機能を診るのがFMD検査です。
個々人のQOL(生活の質)向上、活力ある社会、健康で自立した高齢社会を実現するするため、FMD検査をお勧めします。

FMD検査(血管内皮検査)方法

カフで腕を締め、血管拡張を超音波で診る簡便な検査です。
正常な内皮細胞は、カフを緩めた後に血管拡張物質である一酸化窒素(NO)を放出します。
このNOがどれだけ放出されたかは、どれだけ血管が拡張したかを見ることにより分かります。
血管拡張が少ない場合は、内皮機能が衰えているという訳です。